1. ホーム
  2. 口コミ
  3. ≫ダイエット目的からやがて本格的なトレーニングへ

ダイエット目的からやがて本格的なトレーニングへ

乗馬に通っていた頃のことです(30歳の頃)。練習中に落馬して、背骨の脇の棘突起にひびが入ってしまいました。仕事を休むこともできないので、通勤ラッシュを避けて通い、なんとか痛みも出なくなった頃、太ってきたことに気づきました。ちょうど、会社の制服が冬服から夏服に替わる直前です。スカートのホックがはまりません。
そのとき、アメリカ留学から帰ったばかりの後輩が言った一言がありました。ダイエットにはウエイトトレーニングがいいよと。その一言でGYM通いが始まりました。

最初に通ったGYMは会社が契約している所でした。高円寺のフィットというところです。ここは、病院も併設しているので、健康管理が主体でした。プライベートではありませんが、トレーナーはつきました。
次に、上野にあるサンプレイトレーニングセンターの会員になりました。ここは、完全なボディビルダーを育てるところです。仕事をしながら本格的にボディビルのコンテストに出るためにトレーニングを始めました。プライベートではありませんが、トレーナーは付いてくれます。
そして、仕事をしながら通うことが少々きつくなったため、自宅近くの中野ヘルスクラブに変わりました。ここも、ボディビルダーが中心です。しかし、一般の健康管理の人も多く通っていました。ここでも、プライベイトではありませんが、トレーナーは付いてくれました。

会社の契約しているところは半年ほど通いました。そこで、ボディビルのコンテストを見に行き、自分も出たいと思い、そこのコーチが所属していた上野のGYMに変わりました。ここでは、3年くらいトレーニングをしました。その後は、中野ヘルスクラブに変わり、17年ほどトレーニングをしました。
この約20年の間にコンテストやパワーリフティングの大会に出て、すっかりボディビルダーになりました。トレーニングは3日行って1日お休みのペースです。メニューは本格的なボディビルーのものでした。その結果、筋肉はかなり付き、力も強くなりました。ハイレグビキニを自信を持って着られるようにもなりました。
結婚を機に地方に引っ越したため、GYMには通っていませんが、自宅ではトレーニングをしています。お陰で病気をしても治りが早くドクターも驚くことがしばしばです。
私にとってトレーニングは一生辞められない物となりました。

シェアをお願いします。